間取り図の概要

間取図とは、部屋の種類や配置、広さ、向きなどをはじめ、ドアや窓の開閉方向や和室の畳の配置などを確認する平面図のこと。
間取図やパース(外観や室内の立体的なイメージ図)は、完成予想図を含み、実際と多少異なるケースもあります。 異なった場合は、実物が優先されます。また、パースに描かれている家具は、特にコメントがない場合、物件には付属しません。 

記載されている略字は以下の通り。

玄=玄関、和=和室、洋=洋室、L=リビング、D=ダイニング、K=キッチン、BR=ベッドルーム、S=サービスルーム、DEN=書斎や趣味のための小部屋、RF=ロフト、UB=ユニットバス、Sto=収納、SB=シューズボックス、SIC=シューズインクローゼット、WIC=ウォークインクローゼット、PS=パイプスペース、CL(Clo)=クローゼット、W=洗濯機置き場、R=冷蔵庫設置スペース、DN=下り階段、UP=上り階段、WC=トイレ、AC=エアコン

実際の部屋情報を表示する場合は、主に写真が中心となります。 間取り図は、賃貸市場において、管理する不動産業者が顧客のために、作成しているケースが多いようです。 よって建築用CADとは、異なり様々なタイプが、日々 作成されています。 日本においては、非常によく見かけることができる間取り図ですが、外国の物件では、みかけないケースも多数あります。 間取り図は、大切な日本の賃貸市場を形成しうる文化の一つです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。